片づけ大賞2018ファイナリスト

公開:2018.07.26

更新:2018.07.31

エントリーシートでの審査の結果、片づけ大賞2018ファイナリストは、以下の8名の方々に決定しました。

8月22日の式典でファイナリストがプレゼンテーションを行い、ご来場の皆様の投票と審査員の審査に基づき受賞者を決定します。

(氏名五十音順、敬称略)


片づけ大賞2018ファイナリスト伊藤寛子さん

伊藤 寛子(いとう ひろこ)

神奈川県在住

ゆうゆう素敵工房 代表

ブログ:https://kankosan.exblog.jp/

Profile

横浜市立小学校勤務後、専門学校にてインテリアを学び、各種資格を取得。現在、個人宅、店舗、学校、病院、企業などの片づけを行っている。

収納王子コジマジックが代表理事を務める一般社団法人日本収納検定協会の収育士として収育の普及活動に取り組み中。

前職を活かし学校事務職員の執務環境整備研修の講師を務める。月刊教育技術(小学館発行)に「収納王子コジマジックの先生方のためのお片づけレッスン」の企画を提案し1年間掲載された。

横浜市内の学校で教職員に向けた研修や図工室、事務室、印刷室等の教育環境整備を行っている。

 

片づけのプロとして仕事を始めたきっかけ



片づけ大賞2018ファイナリスト大村純子さん

大村 純子(おおむら じゅんこ)

神奈川県在住

SEN 選 代表

ブログ:http://watashinoerabukurashi.com/

Profile

茨城県出身。4人家族マンション住まい。オーストラリアにてインテリアデザインを学び、照明デザインなどインテリア関連の仕事に携わる。34歳での出産から8年間専業主婦として子育てに奮闘するも自分を見失い、自分と向き合う大切さを痛感。その経験を機に自分の得意分野を生かした片づけを通じて、よりイキイキとした暮らしのバックアップができたらとライフオーガナイザーの道へ。

お客様と一緒に「自分らしい片づけ」の仕組みを作る片づけサービスやお子さまと一緒に片づけを行うサービスをはじめ「自分で暮らしを整える」オリジナルセミナーも開催している。

 

片づけのプロとして仕事を始めたきっかけ



片づけ大賞2018ファイナリスト岡田幸子さん

岡田 幸子(おかだ ゆきこ)

群馬県在住

株式会社 六本木工務店 所属

サイト:http://maru-6.co.jp/support/

ブログ:https://ameblo.jp/yukiboo214

Profile

インテリアを学び地元の住宅会社を経て現在は実家の工務店にて勤務。

経理・事務の傍ら新築の収納計画サポート・個人宅のお片付けサポート・書類整理セミナーを行う。家づくりに携わる身として、家族にとっての真の快適空間づくりを様々な角度から提供中。

整理収納コンペティション2017グランプリ受賞。

また、群馬の整理収納アドバイザー仲間6人で『くらしUPぐんま』というグループを立ち上げ、片づけが暮らしの快適性を向上させる手段である事の周知活動や、アドバイザー同志の繋がり・情報シェアの場を企画するなど、群馬で普及活動中。

 

片づけのプロとして仕事を始めたきっかけ



片づけ大賞2018ファイナリスト加藤真由美さん

加藤 真由美(かとう まゆみ)

兵庫県在住

MKパートナー合同会社 代表

ブログ:https://ameblo.jp/ktmym9222294

Profile

看護士、養護教諭として勤務後、2016年から整理収納アドバイザーとして、2017年からは親・子の片づけマスターインストラクターとしても活動開始。

長年の小学校養護教諭の経験を活かし、「子どもが片づけを通して自己肯定感を高め、将来自立した幸せな大人になること」を目指して、子どもと取り巻く大人(保護者や先生)に向けて活動中。

主に、親・子の片づけ講座、養護教諭向けの講演会・講座、PTA講演会、小学校の片づけの授業、個人宅のお片づけサービス等を行っている。

 

片づけのプロとして仕事を始めたきっかけ



片づけ大賞2018ファイナリスト中村和美さん

中村 和美(なかむら かずみ)

大阪府在住

Gift 代表

サイト:http://nakamurakazumi.com

ブログ:http://nakamurakazumi.com/category/blog/

Profile

大阪府在住。大学卒業後、幼稚園教諭を経て設計事務所、大手メーカーにて事務職などを経験しました。オフィスオーガナイザー®、整理収納アドバイザー資格取得後、思考の整理を大切にし、ご家庭には素敵な空間を提供することで笑顔をつくり、これまでの様々な職種経験を活かし、オフィス、店舗へのサービスでは仕事の効率アップへつながるご提案をしています。「クライアントの気持ちを第一に考え、皆さまの個性を大切に」をモットーに活動しています。

 

片づけのプロとして仕事を始めたきっかけ



片づけ大賞2018ファイナリスト中易泰代さん

中易 泰代(なかやす やすよ)

三重県在住

~夢を叶えるお手伝い~お片付け研究所(有限会社 中易鉄工所) 所属

サイト:http://www.cty-net.ne.jp/~nakayasu/

ブログ:https://www.facebook.com/profile.php?id=100020619469431

Profile

稼業の(有)中易鉄工所で経理庶務を通し、製造業の3S(整理・整頓・清掃)活動と出会い仕事の効率化・安全対策を提案しています。稼業の活動を通し身につけた知識を地域の皆さまに還元できないかとFacebook・個人・法人サポートや2018年10月四日市商工会議所主催の四日市まちゼミに参加予定など幅広い年齢層に向け発信しております。お客様が精神的・肉体的に軽減する片付けサービスを展開し、片付けが容易に取り組めるきっかけ作りの普及活動しております。さまざまな地域な方と出会い交流させてもらうことが、私の片付けの活動元です。

 

片づけのプロとして仕事を始めたきっかけ



片づけ大賞2018ファイナリスト萩美規子さん

萩 美規子(はぎ みきこ)

兵庫県在住

petit cadeau 代表

サイト:https://petit-cadeau.amebaownd.com/

ブログ:https://ameblo.jp/petit-cadeau8

Profile

ライフオーガナイザー/メンタルオーガナイザー

夫、娘(10歳)の三人家族・兵庫県在住

出産を機に片づけ迷子になるが、ライフオーガナイズに出会い克服。協会理念「もっと楽に、もっと生きやすく」に共感し、ライフオーガナイザーになる。

「片づけももっと楽しく」をモットーに、片づけられなかった経験を活かしお客様に寄り添い、一人一人に合ったスタイルをご提案しています。「片づけが楽になり家が好きになってこれからの人生にワクワクする時が来るとは思いもしませんでした」とお客様に喜ばれ口コミで評判に。

お客様の笑顔を見るために誠心誠意サポートさせて頂きます。

 

片づけのプロとして仕事を始めたきっかけ



片づけ大賞2018ファイナリスト吉田ミナさん

吉田 ミナ(よしだ みな)

東京都在住

ゆとり工房(一般社団法人 日本収納カウンセラー協会) 所属

サイト:http://www.yutori-cobo.co.jp

ブログ:http://www.yutori-cobo.co.jp/c6-.html

Profile

設計の仕事を10年、収納カウンセラーとしては17年、住まいに携わる仕事を長く続けてきましたが、今も毎日のように発見があります。やればやるほど奥の深い仕事だなと感じています。

プライベートは、夫と子供2人の4人家族。夫は海外出張が多く、2度も海外へ単身赴任をしました。近くに頼れる親もいなかったので、子どもが小さい時は大変でした。ずっと仕事を続けられたのも収納のおかげだと思います。

 

片づけのプロとして仕事を始めたきっかけ